過払い金請求事例(その7)

事例:親の介護費用がかさみ4社で約200万の借金

大阪在住のTさんは10年前に脳梗塞を患い半身不随となった親の介護のため、仕事を退職して貯金を切り崩しながら生活してきました。しかし、夫と子供4人の6人暮らしでは働いたお金で生活していくだけで精一杯。介護施設にお世話になる頻度があがるにつれて、生活費を介護費に回さなければならなくなり、消費者金融でお金を借りることになりました。

気が付けば4社まで増えてしまい、返済に追われる生活を余儀なくされてしまいました。なぜ手軽だからと消費者金融に手を出してしまったのか、今では後悔しかありません。

まず、引き直し計算をしたところ、Tさんは13年間も返済を続けており、過払い金が発生している貸金業者が3件ありまし。これらに過払い金請求を行い、借金残額とされていた金額をゼロにすることができました。 借金総額が減額になることは、Tさんにとっても大きな安堵を生み収穫となりました。

結果として、約200万あった借金残額は、過払い金返還として280万を受け取り、3社の借金がゼロ。さらに借金総額は200万→50万まで減る結果となりました。自宅を担保にしてさらに借り入れる相談もされていたTさんは、残った消費者金融1社を完済し、現在は借金のない幸せな生活を送っているそうです。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。