自己破産ニュース(その2)

フードパークの自己破産

京都の祇園と、大阪の心斎橋で「うどん博物館」を運営していた一般財団法人うどんミュージアムが、京都地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定。

常時30種類以上の日本全国のご当地うどんが展示・販売され、「うどん検定」や「ご当地うどん総選挙」などのイベントも実施されていた。 平成27年度には東京に三号店がオープン予定だったが、事業継続を断念。 うどん食べ比べなど人気のメニューもあったが1000円前後と価格設定が高く、閉店を惜しむ声もあるなか、仕方ないという意見も。

売上低迷により申請時の負債は約8000万円。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。