自己破産ニュース(その4)

化粧品販売業者の自己破産

化粧品販売業者の㈱goodgo99が、7月3日、東京地裁へ破産申請を行い、7月7日に破産開始の決定を受けた事を明らかにした。マルチ販売商法による被害者は全国に約8,000人とされる。

平成24年8月設立の化粧品販売業者『goodgo99』は、全国から会員約8,000人を集め、代理店を募って化粧品や健康補助食品などをマルチ商法で販売。資金繰りの悪化により、債務超過の状態に陥り破産申請へ。

負債総額は債権者約8,000名に対して約100億円の見込み。 今後さらに大きく膨らむ見通し。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。