自己破産ニュース(その10)

モバイルゲーム会社の自己破産

東京都の「株式会社そらゆめ」は、6月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。モバイル用向けソーシャルゲーム「ひぐらしうみねこカードバトル」「ラ・モード=セレクト」などを提供していた。

株式会社そらゆめは、2005年(平成17年)9月に設立され、モバイル向けゲームコンテンツの企画~運営までを行い、ゲーム開発においては、WEBゲームをはじめとするコンテンツの企画、開発を行っていた。モバイル向けサイトの運営を行っていた他、大手携帯キャリアの公式サイトの企画、開発、運営も手がけていた。2012年3月期の年収入高は約5億3900万円を計上していた。

その後も順調に業容を拡大。アニメやゲームにとどまらずクラウドファンディング型のショッピングプラットフォームの事業なども手掛けていたが、販促グッズ品など受注生産販売が重荷となり破産手続きとなった。

負債は、クラウドファンディングで資金調達した債権者が約3270名(うち一般消費者は約3000名)に対し約2億4100万円。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。