民事再生ニュース(その9)

創業299年の銑鉄鋳物製造会社が民事再生

大阪の「株式会社吉年」は、7月14日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、7月26日に同地裁より再生手続き開始決定を受けた。

株式会社吉年は、1718年(享保3年)に鍋・釜・農業用具の製造を目的として創業。 1944年(昭和19年)1月に吉年可鍛鋳鉄(株)の商号で法人改組した業歴299年の鋼管継手メーカー。 建築金具、電車部品、碍子金具、自動車部品、機械部品、鉄道部品などの製造を手掛け、他にも大型のパワーショベルなどの建設機械パーツなど幅広く手掛けてきた。本社工場だけではなくマレーシアにも現地法人を設立し、大量受注に対応できる生産体制へ。自動車メーカーへの販路も開き、ピーク時には年売上高約94億800万円を計上。

しかし、得意先の生産体制が海外に移行するなどして売上が減少し始め、2016年11月には年売上高は約39億円とピーク時の半額以下へ落ち込み欠損計上となっていた。様々な資金繰り対策を行っていたが、最終的に資金調達力が限界に達し、今回の措置となった。

負債総額は約63憶6500万円。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。