民事再生ニュース(その7)

自動車安全装置メーカーの民事再生

東京の「タカタ(株)」は、6月28日に東京地裁より民事再生手続き開始決定を受けた。

タカタ(株)は、2004年(平成16年)1月に設立された、東証1部上場の自動車安全装置(エアバッグ、チャイルドシート、シートベルトなど)の製造・開発に携わる、業界で世界第2位のメーカー。 合併や海外現地法人設立など世界中へ積極的に展開し、2017年3月期の連結年売上高は約6625億3300万円を計上しました。 しかし2004年以降、国内外でエアバッグの不具合や異常破裂により大規模なリコール問題へ発展、一気に経営を圧迫しました。

ホンダのタカタ品採用中止決定を皮切りに、世界規模で「タカタ離れ」が進行してしまい、リコール関連費用は1兆円超えとなる。 自動車メーカーとの負担割合の協議が行われる中、外部スポンサーによる再建も前提にしつつ、民事再生法の適用を申請していた。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。