任意整理とは?

借金を完済する意思があることが大前提で、裁判所の介入がなく、弁護士や司法書士が各債権者と交渉をおこない、借金の整理を行う方法。主に利息及び毎月の返済額の減額を交渉することをいいます。

任意整理では、まず取引開始時にさかのぼって金利を再計算し、本来返済しなければならない「本当の借金の額」を算出します。
この引き直し計算により、借金元本の残額および利息の減額や金利カット、過剰返済していた場合は借入元金の残金に充当させたり、過払い金請求で取り戻すことが可能で、結果的に返済残額が大幅減額になるのです。

比較的借金の総額が少ない方、連帯保証人がいる方、個人間での賃貸で公にできない事情がある方、自己破産者となることを回避したい方などに向いている方法です。

ただし任意整理交渉後の残額に対して、完済まで返済を行う義務が発生します。返済免除のある自己破産や民事再生と比べると、返済額が多くなるようですが、それでも任意整理適用前と後では、返済の負担は大幅に減少しているはずです。

任意整理を行う際に注意したいのは、必ずしも成功するとは限らないという点です。
債権者側に有利な交渉や和解がなされたり、最悪の場合では和解が不成立になるなど、任意整理に関する知識や経験の差が、大切な交渉の結果に響くケースも少なくないため、実績ある弁護士・司法書士を選ぶことを推奨します。

【注意】当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなど対応している専門家へ相談することをおすすめします。